妄想と想像の違い(8月自分道カフェ)

自分道カフェの8月レポートです。

日時:8月20日(日)10:00~12:00
場所:紀尾井ガーデンテラス
参加者:海津さん、木之下さん、小沢さん、林さん、秋山さん、倉藤舞さん、田口さん、宮本

今回は8人という多めの人数の開催でしたが、個人的にはとても充実した時間だったと感じています。様々な価値観を共有しました。

話されたテーマ:

1)妄想と想像の違い
2)自律と自立

3)存在感

今回もいろいろな価値観の変化が私の中でも起きたのですが、その中でも印象に残っているのは最初のテーマである、「妄想と想像の違い」でした。

みなさん、妄想と想像の違いを考えた時にどのようなことが思い浮かぶのでしょうか?

このテーマを持ち込んだのは私だったのですが、そもそも私には”妄想”という概念がなかったんですよね。

知人と話をしている中で、妄想と想像の二つを使い分けているのを聞き、”え? それ妄想なの!?”みたいな印象があったので、みんなの意見を聞いてみたいな、とテーマとして出題させていただいたのがきっかけでした。

そして、実際に話を聞いていくと、面白いなぁっていうくらい”妄想”と”想像”についての捉え方が違ったんですよね。

例えば以下のような違いがありました。

「妄想」

・ニヤニヤする
・どちらかというとポジティブなことかも
・過去のこと
・自由な想いをすること
・現実的ではないこと
・欲求
・主観
・ファンタジー などなど

「想像」

・現実が近いこと
・ポジティブもネガティブもある
・客観的

・イメージ などなど

本当はもっとそれぞれ出ていたんですが、私のノートを見返したらこれらのワードが残っていたので、特に印象深かったことなのだと思います。

妄想:主観的
想像:客観的

これは海津さんが発表してくださったのがきっかけだったのですが、これを聞いた時に、「おー!なるほど」と思ったのが正直な感想でした。
この考え方はなかった。

例えば、自分が未来のことを想像したときに・・・

・・・!

ここまで書いて今思ったのですが、未来のことって私にとっては”想像”になるかもしれないですね。未来のことって僕はあんまり妄想しないかもしれないです。

未来っていう時点で僕は実現できること(=現実的なこと)だと考えてしまうんです。こう考えると私には未来思考な限り、やっぱり妄想は抜けてる気がする・・・。

みなさんどうなんでしょうか。

すみません、話を戻すと
”自分目線で話が進展することは妄想”で”客観的な第三者の目で進行する”
のは想像という考え方は面白いなぁって思いました。

20年後の自分。


”右手に海が見える湘南の海岸沿いを車に乗って颯爽と走って、気持ちがいいなぁ! 最高の気分だ!”


あー、これは主観的なので妄想ですね。

でも、

”湘南のこの海岸沿いを黒のBMWに乗りながら、走っている私。服装はオーダーメイドのスーツで、素敵な笑顔を見せている。”

と考えてみると少し客観的になったので、これは想像(=現実)に近づいていくのではないかと思うんですよね。
黒のBMWに乗っているかどうかなんて、主観だったら絶対わかんないし、服装なんて主観だったら入らないわけだし。素敵な笑顔かどうかなんて第三者じゃないと見えないことですよね。

なんだかこうして妄想から想像に落とし込んでいくのかなぁって思ったんです

私にとって妄想がないのって、全て実現することしか考えてない、もしくは実現するチャンスを感じているからなんですよね。

主観的な視点って実はあんまりなくって、多くのことが客観的な視点を交えて進んでいったりするんですよね。

そして、今回木之下さんも出席されていたので、さらに思ったのが、ディズニーランドの話。

ディズニーランドは”イマジネーションの世界にようこそ!”と謳っているわけだけど、まさしくあそこは「みんなの妄想を想像に、想像を現実に」している場所だからこそ人気があるのだと感じたわけです。

そう考えると妄想→想像→現実ってこの段階を提供するのってすごく大きな価値提供になるのだろうなって思いました。

私は今自分を含めて、いかにして一人一人の価値観やフューチャービジョンを明確になるかを考えたりしています。その中で自由に妄想をすること、そこから想像にシフトしていくこと、それを現実に落とし込んでいくこと。

この3ステップがいかに円滑にできるかにかかっている気がしました。

みなさんも自分の中での妄想をたまには少し客観的な視点も加えてみてはいかがでしょうか? そしたら、妄想は想像になるかも。想像になれば現実に近づいたりするわけです。

そして、案外、妄想だと思っていたことも、想像に変わり現実になるまで時間はかからないのかもしれません。

・妄想:主観的なこと、現実的ではないこと、ファンタジー
・想像:客観的なこと、現実的なこと、イメージ、未来

レポートというよりかはとりとめない文章になってしまいました。
何かのヒントになれば嬉しいです。

そして今回も素敵な写真を林さんに撮っていただきました。
Facebookグループに投稿したのでぜひ見てみてくださいね。

それではまた来月お会いしましょう。

一般社団法人UP 認定トレーナー
ウェルスダイナミクスシニアプラクティショナー
宮本伸男