人が変わるときこそ(2017年12月 自分道カフェ)

自分道カフェレポート(12月)
【人が変わるときこそ】
日時:12月10日(日)10:00~12:00
場所:赤坂紀尾井坂 ディーン&デルーカ
参加者:7名(小沢さん、田代さん、海津さん、山本さん、山下さん、林、宮本)

お疲れさまです!
自分道カレッジの宮本(のぶりん)です。

今年最後の自分道カフェ。

先週末に忘年会を開催したばかりですが、今月も開催させていただきました。何名か色々なアクシデントで来れなくなってしまいましたが、今月も7名に参加をいただき、本当に有意義な時間を過ごさせていただきました。

今回は、以下のテーマ。

「趣味」「休日」「転機」

今回は、中でも「転機」について、私なりの意見を書いていきたいなと思います。

私は、今まで「転機」という言葉についてきちんと考えたことはありませんでした。

この議題を挙げられたのは山本さん。

彼女が最初に言いだしたのは、
「日常は転機で溢れていて、転機は自分で作るものだと思う。みなさんはどのような時に転機だったと感じますか?」
とのこと。

参加者のみなさんが最近転機だと感じたことをお話されていきました。
「私の転機は常に人が絡んでいる気がする」
「なんか今を変えたいとか思ったときに動けた気がする」
「なんにも考えていなかったけど、あれが転機だったんだなって後から気づく」

色々な意見がありました。
そんな話を聞きながら、私が思ったのは、

”転機”だと感じる瞬間にこそ、一人一人の個性や自分らしさが出るんだろうな、と。

山本さんが言うように、私も転機というのはこの瞬間瞬間に流れているものだと思う。
それは、いわゆる私の中では転機は大きなものではなく、小さなことだという感覚が強い。
小さな転機が積み重なり大きな転機になるイメージ。

まぁ、つまりは、自分が常にイマ変わることができるということになる。

でも、どうだろう。
私は、イマこの瞬間に自分自身を変えることができるのに、
なのに、なぜかなかなか変えることができないシーンが多い。

大きな話だとわかりづらいから小さい話にしてみようと思う。

→YouTube見すぎてる!わかってるけど、あともう一個だけ。
→この面倒な対応しなきゃいけない。でも、簡単な仕事片付けてから
→”とりあえず”これやってからやろー

まぁ、これ全て私の話なのだけど、この行動をイマすぐ正すことは物理的にできることは私自身も知っている。
多分、みなさんの中でもそんな感覚はあると思う。(と信じたい 笑)

ただ、これ思うんだけど、じゃあイマから変わる! という決意を持つことはできても、それを実行し続けることができるかというと途端に自信がなくなってくる。

何回も自分を律するアクションを取ったこともある。
でも、結局惰性に戻ることの方が多い。

だって、自分の心はその惰性を望んでいるから 笑
そして、安定したイマ、時間が流れてウヤムヤになっていくイマを望んでいるから。

わかってる。
きちんと自分を律する大切さも、時間の大切さも。
親や自己啓発、トレーナーやコーチに言われて、わかってるつもりなんだけど。

・・・いや、結局わかってない。

ただ、そりゃそうだろ、とも思うんです。
世の中で教える自律とかタイムマネジメントとか、本当にそんなことで人は変わるのか? とも思うんですよ。

だって、それってそれを言い出した人の意見ですよね。
人が変わることや人の転機は、そんなシステムや一概には括れない部分がきっとある。

自律の大切さとか時間の大切さってもしかしたら真理に近いものなのかもわからないけど、それは自分にとっての真理かどうかはわからない。学校や自己啓発が教える理論だってあっているかどうかは自分次第だと思う。

そのシステムに合わせていく必要は一切ないし、結局合わせて変わっても何も変わらない。
(ということはこの1年半のコーチングで本当に学ばせていただいた)

だからこそ。
だからこそ、自分が変わる瞬間とか、安定した環境を抜け出す、自分を変えようとする瞬間ってすごいことだと思いませんか?

実際に「転機」になったこと(行動も結果も変わったこと)ってめちゃくちゃすごくないですか?

人はそんな簡単には変われない。
だからこそ、転機となったことこそ自分自身の全てが出る瞬間なんじゃないかと思うんですよね。
自分らしさや個性がそこに隠されていると思うんですよね。

以前、TRIGGERというWEBサイトをやっていました。
今もそのサイトは残っているけど、それは全てその人が変わる瞬間や転機を必死で取材して、全てを汲み取り、全力で発信をした。

その掲載された方がこの前2年前くらいのTRIGGERの自分の記事を見返して、こんな感想を残してくれた。

「私、根本は変わってないや」

転機。その言葉に全て集約されている気がする。

結局、自分が変わる時。それは、ひとりひとりの個性が現れる時。
心が本来のあるべき姿に進もうとしているときなのかもしれない。

「転機」
自分らしさが現われる時。
心があるべき姿に進もうとしているとき。
だから変わることができること。

私自身は、今はこのように結論を付けようと思います。

自分自身の転機ももう一回振り返ってみようかな。
みなさんの今までの転機もまた教えてください!

自分道カフェに参加いただいたみなさま、今年も本当にありがとうございました。
今年は忘年会もできて、自分道カフェにも協賛いただく方やファンも増えてくださって、本当に感謝感激です。

一気に加速させる必要はないと思っています。

ただ、全員が哲学者になれる時間があることは確実に積み重ねていきたいです。
会社や組織や仕事で疲れ果てたとしても、自分に戻れる場所と空間と時間があってもいいと思っています。

今回は散文すぎてごめんなさいm(_ _)m

来月は、
第22回自分道カフェを
2018年1月21日(日)10時から開催!

みなさまのご参加をお待ちしています( ^ω^ )

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください