第4回「情熱」 みやもんとさいとうのこれからの時代(仮)

だいぶ撮影にも慣れてきました。
伸びる収録分数、今まで、そして、これからの時代背景を踏まえた・・・。
2人のビジネスパーソンの「情熱」考察が見所です。

シェア、コメント、ダイレクトメッセージでの感想もお待ちしています。
今月中にまた動画を撮影するのですが、次回はゲスト(女性)も登場予定。
乞うご期待^^


みやもんとさいとうのこれからの時代(仮)

同年代(1988年生まれ)のみやもんとさいとうが様々なテーマについてゆるーくトークしています。

20〜30代がふとした時に考える「あんなこと」や「こんなこと」について毎回お話。
毎回、終わりには意外と本質的な気づきが・・・あるはず笑

■さいとうが執筆するメディアはこちら
http://marketinghigh.co.jp/column/

■アンケートフォームはこちら
→話して欲しいテーマなど募集中です。答えてくれた人には特典動画をプレゼント^^
https://goo.gl/CnAcYK

■お問い合わせフォームはこちら
→動画を見てみやもんとさいとうに会いたいと思った人はこちら。
https://goo.gl/1zGphK

———
撮影場所:一般社団法人UPさん
http://up-pc.com/

第3回「PDCA」 みやもんとさいとうのこれらからの時代(仮) 

こんにちは。第3回動画の公開です。

今回は、タイトルの通り「PDCA」について。

「PDCA」というテーマなのに、話題があっちへいったりこっちへいったり・・・。

ある意味、1つのテーマで何粒もおいしい動画になっています笑
今回の動画も濃い内容になっています。

シェア、コメント、ダイレクトメッセージでの感想もお待ちしています。
今月中にまた動画を撮影するのですが、次回はゲスト(女性)も登場予定。
乞うご期待^^


みやもんとさいとうのこれからの時代(仮)

同年代(1988年生まれ)のみやもんとさいとうが様々なテーマについてゆるーくトークしています。

20〜30代がふとした時に考える「あんなこと」や「こんなこと」について毎回お話。
毎回、終わりには意外と本質的な気づきが・・・あるはず笑

■さいとうが執筆するメディアはこちら
http://marketinghigh.co.jp/column/

■アンケートフォームはこちら
→話して欲しいテーマなど募集中です。答えてくれた人には特典動画をプレゼント^^
https://goo.gl/CnAcYK

■お問い合わせフォームはこちら
→動画を見てみやもんとさいとうに会いたいと思った人はこちら。
https://goo.gl/1zGphK

———
撮影場所:一般社団法人UPさん
http://up-pc.com/

第2回「美意識」 みやもんとさいとうのこれらからの時代(仮) 

こんにちは。

前回の動画配信から2週間。

初めての試みでいいも悪いもありましたが、結果的にやってよかったかな、と。 笑

色々と賛否両論ありそうですが、めげずに今回は第二回の配信です!

 

今回のテーマは「美意識」について。

なぜこのテーマ!? という指摘もありそうですが、そんな部分も含めて動画ではお伝えしています。

 

これからの時代は美意識が求められる時代。

 

ぜひ、ご覧くださいm(_ _)m


■アンケートフォームはこちら

→話して欲しいテーマなど募集中です。答えてくれた人には特典動画をプレゼント^^

https://goo.gl/CnAcYK

 

■お問い合わせフォームはこちら

→動画を見てみやもんとさいとうに会いたいと思った人はこちら。

https://goo.gl/1zGphK

——— 

今回話に登場した美術館鑑賞はフォロワー1500人、元絵画修復士のLINEブロガー 二木景子さんと立ち上げたサービスです。 

 まずは、彼女のLINEブログをチェック! 

https://lineblog.me/futagikeiko/


 

特技は受け入れることから作られ始める。(2018年4月度 自分道カフェ)

日時:4月16日(日)10:00〜12:00
場所:東京ENGAWA
参加者:原田さん、山本さん、小沢さん、二木俊行さん、田代さん、多和田さん、二木景子さん、木之下さん、山下さん、【海津さん】、【宮本】
※【 】はファシリテータ

こんにちは。のぶりんです。

最近は、場所や状況、会う人たちによって

「のぶりん」「みやもん」「宮本」を使い分けてます。

自分道カフェでは投票の結果、「のぶりん」でいかせてもらいます !

さて、今月も11人参加で、実に多くの方にご参加をいただきました。

初参加の方も3人!

参加者のお仕事を振り返ってみると、栄養士からエンジニア、柔道整復師に建築関係・・・

本当に色々な方が参加されていますね。

自分道カフェの魅力のひとつはこんなところのなのかも。

普段のお仕事や日常では交わることのない職業やお仕事の方々とお話ができる。

色々な考え方や価値観を受け取ることができる。

生まれた場所も住んでいる場所も多種多様。

それでも同じテーマについて話すことができる。

それが自分道カフェの魅力ですよね。

今回は人数も多かったので、2つのグループに分けさせていただきました!

一方のテーブルは海津さんがファシリテート。

はっきり言います。

ウルサイ! くらいに盛り上がってました 笑

会議室取って良かった!! 笑

そしてそこまで白熱して良かった!!

それぞれのテーブルでテーマについても考えてもらいました。

海津さんのチームは、”将来性”と”死”について話していたみたいです。

”死”というテーマからスピリチュアルな世界まで話されていたみたいで、魂は存在するか? という議論はお昼休みまで続いてました 笑

落ち着いた感じの? こちらのテーブルでは、以下のテーマについて話しました。

『親友と友達の境目』

『特技』

『成長』

どのテーマも非常に深いところまで話したのですが、今回は

『特技』

について私個人として書いていきたいと思います。

特技、というテーマを挙げたのは山下さん。

「履歴書とか誰かに話すときに”特技”ってあると思うけど、みんなどんなことを書きますか? 特技ってそもそもなんだと思います?」

という提議でした。

確かにありふれた言葉のようで、いざ”特技”ってどういうものかという定義については考えたことがなかった気がします。

みなさんは特技という言葉とはなんだと思いますか?

カフェの中でも今回も色々な意見が挙がりました。

特技とは・・・

・自分の好きなこと

・自分が得意なこと

・周りから教えてもらって気づくこと

・好きじゃないけどできることだったりもする

などなどのご意見をいただきました。

どの意見もなるほどーって思います。

特に周りから教えてもらって気づくこと、自分の好きなこと、とかってのはなんか私の考えにも近い気がする。

というよりもその二つの掛け合わせたものが”特技”なんじゃないかなって思ったりもしたんですよね。

お仕事しながらご自身でcoro coroというサービスを立ち上げられている木之下さんがこんな素晴らしい例を自分道カフェで挙げてくれたんです。

「私の特技はハンドメイドだって思ってる!

 私は昔から何かを作るのが好きだったんだよね。

 で、ある時に暇だったから画用紙に適当に絵を描いていたらその絵をみた知人が”すごい! これ才能だね!”って言ってくれた。

 ”才能だね!”って言ってもらえた時、私自身は絵を描くことが才能だなんて思ってなかったから結構嬉しくって。こんなのが才能なの?って思ったりもした。

 でも、『絵を書くこと』が才能なら『何かを作ること』が好きだったからこれを組み合わせて”ハンドメイド”のサービスを始めようと思ったんだよね。

 コースターやお皿に自分で絵を描いてハンドメイドのお店で販売して、喜んでもらえたり、買ってもらえたりする。

 これって特技だなって思うな」

うん、これがまさに私も特技だと思います。

私は前から内的価値の重要性を色々な形で伝えるお仕事をしています。

内的価値(自分が持っている価値)の一つに”情熱”、そして”才能”があるんですよね。

自分の好き(情熱) と 得意なこと(才能)

これが掛け合わせてできあがるのが”特技”なんじゃないかなって思うんですよ。

『好きこそものの上手なれ』って言葉ありますよね。

でも、正直なところ、好きだけでは上手にはなれない場合もあるんじゃないか、とも思ったりするわけです。

好きなことや情熱は情熱でいいと思うけど、

「これが”特技”です!」

とまで言い切るためには、”私だけ”がこれを特技だと思っている状況って意外と少ない気がしていて。

だって特技っていうからには私個人は他人や世間と比較してしまうわけです。

なおみさんの例もそうだと思っていて。

ハンドメイドを特技と言い切るからには他者や世間と比較した瞬間や”他者から認めてもらえた瞬間”ってきっとあった気がするんです。

描いた絵を才能だと言ってもらえた瞬間や自分が作ったものが売れた瞬間ってのはまさにそうだったと思うんですよね。

つまり、特技になるためには好きなことに加えて他者からのプラス評価が必要だと思うんです。

よく私の周りには自分の才能とかできること、自分の価値について悩まれる方が相談に訪れます。

特技とかを探したり、会社や組織ではなく、”社会に通用するもの”を求める人がたくさんくるんです。

そして、求めるというかそれを作ろうとする人がすごく多い気もしていて。

でも、実は毎回思うことがあって。

「いやいや、もう持ってますよね」って。

 あなたの好きなことって何ですか?

 あなたが得意なことって何ですか?

って聞くんです。

でも大体の人がこう言います。

「好きなことって・・・」

「得意なことがないから相談に来たんですよ・・・ 」

とかって。

でもこれって圧倒的に自分のこと知らないだけだと思います。

もちろん、さっき書いたように特技は他者からのプラスの評価は必要だと思うので、自分一人ではなかなか見つけられないものかもしれません。

他の人からのフィードバックが必要だとも思います。

でも、そのことも含めて自分のことを知らないだけなんじゃないかなって思ったりもするんです。

そして・・・

ここまで書いてここは声を大にして言いたいことができたのですが・・・

何よりも特技を言い切れる木之下さんと

特技で悩む方の最大の違い

それは・・

”他者のフィードバックや評価を最大限に受け止められるか” 

な気がします!

これが才能だよね! とか

こんなところがすごいよね! とか

そう誰かに言ってもらえた時に、

「えー、全然違うよー」って。

それが対外的な謙遜だったら全然いいと思うんですけど、その発言をもし本気で思って言ってるとしたら、その人は特技には一生気付かないんじゃないかなって思うんです。

だって木之下さんだって

「絵を描くの才能だよね!」

って言ってもらえた時に、素直に”これ才能なんだ!”って思えたから好きなことと組み合わせてハンドメイドっていう特技になったんですよね。

自分の才能とか得意なことって”自分では当たり前にやりすぎてる”から自分ではわからないのは当然だと思っていて。

気付くのは誰かのフィードバック(評価)しかない。

でも、特技がないっていってる人はこのフィードバックをスルーしてる。認めない。逃げる。否定する。

受け入れることをしないんですよね。

コーチングやセッションをこの2年くらいで200人近くしましたが、そんな方が多い傾向にあると思うんですよね。

まずは、他者からの評価や言葉、フィードバックを最大限に受け止めることが大事な気がする。

ポジティブなことならなおさら。

そこから、木之下さんみたいに好きなことと組み合わせてみて、行動してみて検証していくしかない。

うん、それは本当に思いますね。

占いなどで自分の才能はわかりますけど、結局行動しないと自分のものにならないですしね。

なぜならフィードバックがないですから。

特技。

この単純な言葉には非常に色々なことが詰まっている。

今回もたくさん書いてしまいましたが、特技の自分なりの結論を出します。

特技とは、

「好きなこと×得意なこと。そして、他者評価を素直に受け止めた時から作られ始めるもの」

としたいと思います。

そして、これ書いて思いましたけど、”自分道カフェ”ってやっぱりすごいですね。

なぜかというと、

コンセプトが”価値観の共有”

ルールが”相手の価値観を否定しない”

ということだからです。

自然と、”他者の意見を受け止める”ことにつながるんですね。

こういう見方もあるんだ、とか、こういう考え方や価値観があるんだ、とか。

そして、自分なりの意見や考えが作られて前に進んで行く。

ここに参加する人がどんどん成長していったりする理由がわかる気がするな。

また、そんな自分道カフェを開催していきたいと思います。

来月は、5月20日(日)10時

みなさんのご参加をお待ちしていますね^^

P.S.

あとね、初参加の方にこんなメッセージをもらえたんです。

こういうの見るとね、嬉しくて嬉しくて嬉しいんですよね。

こういう環境が作れたこと。

本当に嬉しいし、参加してくれるみなさんの力だと思います。

この場所って本当にすごいよね。

初参加の方の感想:

自分の中で「無」だったワードも、誰かの意見や印象を聞くことで、「私はこう思うな」というイメージが出てきたり、気がつくと誰かの意見が自分への助言になっていたりして、来てみて良かったです。

・自分の話したことがこんなにも受け入れられてくれるんだと思うと、すごく心が軽くなりました。共感や新しい考えをもらってまた話してみたいと思いました。ワクワクさせていただき、ありがとうございます!

時間があっという間に過ぎた。みんなでうるさくなるくらい盛り上がれた。また参加したい。

 

人狼!

人狼!

昨日はとあるシステム開発会社にお邪魔して人狼のゲームマスターやらせていただきました!

楽しんで頂けたみたいで本当に良かった( ^ω^ )
そしてめちゃくちゃ雰囲気のいい会社でした。

集まってる人たちが素敵。

社内の親睦にも人狼ってかなり使えるんですよね。

でも、意外とゲームマスター(司会進行)の作る世界観で満足度とか効果が大きく変わります。

私は、
東京、名古屋、大阪のイベントでも人狼ゲームマスターやりましたし、今までプロとして100回近く、8年くらいやってきました!

自分で言うのもあれですが、実績十分だと思うのでもし人狼やりたいけどゲームマスター(司会)がほしい、ってなったらお気軽にご連絡ください👍

あとあと、今週の14日土曜日の17時から東日本橋で私がゲームマスターで人狼やります!

参加費500円で4時間くらいやるのでぜひ興味のある方は連絡くださいねー( *・ω・)ノ

あと何名かは入れると思います!!

みやもんとさいとうのこれらからの時代(仮) 第一回「ビジョン」

こんにちは。

先日より少しずつ予告していた

みやもんとさいとうのこれからの時代(仮)

ついに初配信を迎えました!

初めて動画を撮り、配信をするわけですが、本当に緊張しました。というよりなんか話したいことが全然話せてない気がする。笑

自分道カフェの延長のような話をさいとうさんとゆるーくしていますが、何かしらのヒントや気付きになれば嬉しいです。

他にもおまけ動画ついてくるので、よければアンケートの回答もお願いします😃

それでは、どうぞー!


■アンケートフォーム
https://docs.google.com/forms/d/1CC070M9EcaabQsFGYKx4O6jcQVoneYMVydvxXNraiWc/edit?uiv=0

■お問い合わせフォーム
https://docs.google.com/forms/d/1vZqpH_xOfdUdft1q_pq9hcCiJMZ2in1dKXUVDZaqS3c/edit?uiv=0


3月の毎月美術館  をレポート!

美術ファシリテーターの二木さんに同行いただき、今月も上野のブリューゲル展に行ってきました。

終了後の動画レビューです😃

※毎月美術館ってなに?

美術LINEブロガーでフォロワー1500人超の大人気ブロガー 二木景子さんに美術館同行を頂くサービスです。

時代背景や当時の流行などの知識だけではなく、素材や画材、技術も含めて新たな見方や角度から美術作品を見るきっかけを教えてくれます。

気になる方は連絡ください。

撮影してきました

【動画の初公開は4月9日】

こんばんは。
先日、投稿させていただいた齋藤さんとの新企画ですが、先日、動画を撮影してきました^^

内容については、私が普段開催してる”自分道カフェ”と似ているかもしれません。
例えば・・・。
・コンセプトは『価値観の送受信』
・ルールは「相手の価値観を否定しないこと」
・用意されたいくつかのテーマに対して、自分の感じることや思うことを共有します。
いままで出題されたテーマはこんなもの。
「お金」「教育」「勇気」「美意識」「命」「宗教」「占い」
「時間」「仕事」「仲間」「習慣」「成長」「あそび」 etc…

こんなテーマを齋藤さんとゆるーく話しながら動画配信していこうかなぁと。
今後、ゲストになりたい方、メッセージください笑

新しい取り組みで、私自身の個人的な動画配信は初めてですが、それも含めてやってみたいと思います。

初回テーマは、20代、30代のみなさんなら一度は考えたり、聞いたりしたことがあるあのワード。
「◯◯◯◯」

ここではまだ内緒です 笑
配信はブログやFacebook、自分道カフェのLINE@で配信していきます。

お楽しみに!

美意識の追求(2018年3月 自分道カフェ)

【2018年3月レポート】
美意識の追求(第24回)

日時:3月18日(日)10:00〜12:00
場所:東京ENGAWA
参加者:小沢さん、木之下さん、倉藤さん、塩島さん、山本さん、秋山さん、高橋さん、田代さん、宮本


こんにちは! 宮本伸男です。
今月も3月度の自分道カフェを開催させていただきました。

毎回第3週の日曜日の朝10時。
遠くは山梨からも参加いただき、今回は香川からの夜行バスでそのまま参加いただいた方もいました。

本当にみなさんに参加いただける場所となっていることが嬉しいです^^

さて、今回は3つのテーマでお話しました。

1)うさんくさい

2)美意識

3)お金

それぞれのテーマでいろいろな学びや気づきがあったのですが、今回は”美意識”について書いていこうと思います。

美意識、というテーマになったのは自分道カフェの始まる前、ちょっとした雑談の中である一冊の本をみなさんに紹介したことがきっかけでした。

その本の名前は

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?
経営における「アート」と「サイエンス」

[山口 周]の世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~ (光文社新書)

https://www.amazon.co.jp/dp/B073S1RJX2/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

というもの。
私の知人の3名に同時に勧められたのがこの本だったので最近読み進めています、という話しをしたところ、「美意識」ってそもそも何? という形でテーマの一つになりました。

今回も美意識、に対して様々な意見がありました。

  • 自分が美しいと思っていても人から見たときに美しいとは限らない
  • 美意識とは自分の中で追い求められるもの
  • こだわり
  • 哲学
  • 造形美
  • 女性は美意識とか重要   ・・・etc

最後にもあるように、確かに意識としては女性の方が”美意識”という言葉に触れる機会が多いのかもしれません。

また、初参加の高橋さんがおっしゃられた「美意識とは人から見られた自分をどう考えるのか、ということ」というのは客観よりも主観で考えていた私にはない意見だなーって感じました。女性は共感する方も多いのかな? 新しい視点です。

そもそも美意識ってその言葉の中に”美”という文字が含まれています。美を辞書で調べてみるとこのような意味が。

  1. 外形がりっぱできれい。うつくしい。
  2. 内容がりっぱ。みごと。よい。「有終の美」
  3. よしとする。ほめる。よみする。
  4. 哲学で、感性と理性との調和統一に対する純粋な感情を起こすもの。「美学・美意識・真善美・耽美(たんび)」

なんと。
美意識という言葉自体が辞書に載っています。ここには美意識は哲学が関係している感じ。

《感性と理性との調和統一に対する純粋な感情》

 

・・・やばい、何を言っているのかよくわかりません。

一つ一つ読み解いてみます。感性というのはその名の通り、私たちが感じる性(さが)ということになります。

綺麗だなぁ、楽しいなぁ、面白いなぁ、つまらないなぁ、ムカつくなぁ

これらは全て感性と呼んでもいいでしょう。

一方で、理性とはなにか。

昔、イチローがバリバリとメジャーでヒットを量産していくのをみて、「あなた天才ですね!」と記者が声をかけたと言います。

しかし、イチローはこう答えました。

「いいえ、僕は天才ではありません。なぜなら、打てた理由を理論的に全て説明できるからです」

なるほど。
つまり理性というのはロジカルやサイエンスで説明がつくもの。

そして、ロジカルでありサイエンスであるものは再現性が高いということ。
これは、「感性」ではなく「理性」に近いものなのだと思います。

さてさて、戻りますと、
「理性」と「感性」に統一性がもたらせると哲学の世界では”美しい”となるようです。
もっと噛み砕いていえば、
感性くん「これ、なんかよくわかんないけど素晴らしいよね!」 に対して、
理性くん「その理由は〜〜〜〜で〜〜〜だから素晴らしいという考えになるんだよ」
という状態が”美しい”ということみたいです。
あくまでも、辞書の世界では。
ということで、辞書の話では私自身はさっぱりわからないので、自分なりの美意識を語っていきたいと思います。
(最初からそうすればよかった 笑)
自分道カフェでもお話しさせていただいたのですが、『美しい』と感じるものって本当に人それぞれなのかなぁとも思っていて。
例えば、目の前に一枚の絵画があるとして。
この絵画を見たときに、Aという人が「素晴らしい絵画だ!」っていうかもしれないけど、一方のBさんは「そうかな?」って思ったりもする。
最近は私も二木さんに同行いただき美術館で絵を見ていますが、
「この絵がすごいんだ!」みたいな感じだったとしても、
「へー」くらいしか思わなかったりするわけです。
でも、あの美術館に並んでいる絵画はどれも素晴らしいもの(だと言われている)ものであり、世間一般でいえば”美しいもの”という部類に入ることになる。
じゃあ、自分の美意識って間違っているのか? と問われれば、「いや、俺には俺の見方があるんだ!!」と声を大にして主張したくもなるわけですよね 笑
私は「シンプル」なものが美しいと感じたりします。
シンプルというのはミニマルとは少し違っていて。
複雑そうに見えたり、色々と試行錯誤の上、導きだされた答えや結果なんかが「美しい」と感じるわけです。
例えば、グーグルの検索エンジンは美しいと思います。
一つの窓。でも、そこに検索ワードを入れることはどんな人でもわかります。
グーグルのことだからYahooのの検索エンジンみたいに色々なことができたはず。
でも、敢えてそれをやらない。 しかし、あの検索窓の向こう側では複雑で高度なシステムが動いているわけです。
そういうものに非常に興奮します 笑
しかし、そういうシンプルなものって、使う側からすれば
”シンプルであるかどうかすらわからない”
と思います。
だからこそ、私はその「コンセプト」が好きだったりするんですよね。
こういう想いを持ってこれを作ったんだ! これが私の表現だ!
というのがすごく好きですし、その完成品が美しい、と思ったりします。
あ、なんかここまで書いていてびっくりしたんですが、さっきの”美”という辞書の話。
《感性と理性が調和統一したときの感情》
これって私の美しいと感じることがまさしくそうかも・・・。
コンセプトが感性だとしたら、それを実現したもの(理性/ロジカルやサイエンス)と触れたとき、私は単純に美しいと思うのかもしれません。
でもでも、そう考えると”美意識”っていうのはその”美しい”というものの”意識”ということになります。
美しい、とは目の前にあるものから先を見据えた本質や洗練されたもの、積み重なってきたものを表現したものに触れたとき、がそうなのだとすれば、
『その本質や洗練されている部分、積み重ねられたものに触れようとする意識』 こそが私にとっての美意識、となります。
例えば、先ほどの美術館の話。
「この絵画はよくわからんなぁ・・・」
これってパッと見ただけだとそれで終わりなんですけど、私の中では美意識というのはさらにもう一歩先のことなのかもしれません。
「この絵画はよくわからんなぁ・・・。」
 ↓
「この作者はどのような意図やコンセプトで書いたのだろう?」
「この作品は何年前の作品なんだ?」
「ここに展示されるまでにどれほどのことがあったのだろう」
と目の前の事象や結果に対して、その奥を知ろうとすることや価値ある部分を見極めようとする意識のことを”美意識”というのではないかと。
結構、私とかもそうなんですけど、目の前の事象やアウトプットを単純に受け止めて終わりにすることがたくさんあります。
でも、もしかしたらその先だったり、深く掘った先に”本質”って隠れていたりするかもしれないですよね。
うーん、そう考えると世の中は”美しい”ものに集約されていく気がするなぁ。
法律や規制を超えて、地球や世界が求める”美しい”ものに様々な事柄は集約されていく気がする。
それこそが本質や真理なのかもしれませんし、哲学の存在意義なのでしょうね。
なんか今回も散文になっちゃったなぁ。申し訳ないです。
美意識に対する私なりの結論です!
美意識とは、
「物事や事象の本質や背景、真理を求める意識のこと」
としたいと思います!
次は、2018年4月15日開催!
みなさんの参加をお待ちしています^^