自分道カレッジメンバーはなぜ変化を起こしていくのか?

自分道カレッジはそのメンバーに応じた行動をサポートしているからです。

ウェルススペクトルという考え方があります。人間には9つの段階が存在しており、世界中の人が必ずどこかに所属するというものです。

この段階にはそれぞれ特権と代償があり、どの段階が正しいとか間違っているなど決められるものではなく、逆にどの段階でも選択することができます。

「家と会社の往復の日々」

「人間関係も会社以外は少ない」

「会社に依存した生活はしたくない」

「自分に自信がない」

「自分の好きなものがわからない」

「自分の得意なことや才能を知りたい」

「何かを変えたいけどどうしたらいいかわからない」

「自分の価値がなんなのかを知りたい」

さて、もしあなたが上記の課題や漠然とした不安、悩みを抱えているのであれば、あなたは下から2段階目の『生存者』という段階です。

1段階目の『被害者』を含めると先進国の8割がこの『生存者』の段階にいます。

『生存者』はその名の通り、生存しているだけの状態。
つまり、0(ゼロ)の状態です。

働き続けなければ、お金が入ることはなく、ランニングマシンのように毎日毎日走り続けます。

お金の流れは毎月トントン。ボーナスなどのプラスの収入があれば、それを使い切ろうと動き、逆にマイナスになる見通しであれば、節約などをして+ー0に帳尻を合わすこともできます。

生存者の特権は、”周りと一緒でいられること”

常識やルールを守り、周りの人と足並みを揃え、空気を読み、協調を選択して走り続けてきたからこそあなたはそこにいます。

奇抜なアイデアや発想を抱いたり、好きなこと、やってみたいことができたとしても、その欲求を見て見ぬ振りをして生きてきたのかもしれません。

でもその代わりに、世の中の8割の人たちと共に生きることができ、今までの親の教えや生き方に則り、人生を送ることができているのです。

仲間外れにされることはなく、怒られることはなく、周りの選択に同調することでみんなと一緒でいることができました。

しかし、一方で『生存者』には代償もあります。

それは”怠惰””あきらめ””不安”といった感情です。周りに合わせる人生、好きなことを行動に移せない人生はあなたにとって底知れないあきらめを与えています。
周りの平均値を獲得するために、自分の得意なことでさえもひた隠し、そうしているうちに自己肯定感は小さく小さくなっています。
(一生働き続けるのだろうか、この状態がいつまで続くのだろうか、もしかして死ぬまで続くのだろうか・・・。)
しかし、何か新しいことを始めるための行動を取ろうとすると周りの目を気にしたり、周りが止めたり否定的なことをあなたに伝えてきたでしょう。

そうして好きなことややりたいことから目を背けているうちに、何が好きなのか、どうすればいいのか、何から始めればいいのかわからなくなってしまっているのが今のあなたです。

自分道カレッジは、そんな状態のあなたが1段階上の『労働者』へ進むためのサポートをしています。
『労働者』になると今とは全く違った世界が見えてきます。

『労働者』の状態では、お金の流れは特定の会社や組織からの収入がメインとなりますが、

自分の価値や得意技を理解し、会社や組織にその価値を提供できるようになります。

自分の価値や得意技を提供して評価をもらうため、自己肯定感も自然と高くなり、

全ては周りの判断や意志ではなく、”自分の判断基準”で人生を選択することができるようになります。

あれだけ淡々と過ぎ去る毎日が一変し、やりたいことが明確になり、未来に希望が出てくるのです。

独立や起業といった道も考え始めることができているかも知れません。

これがどれだけ幸せなことがわかるでしょうか。

では、『生存者』のあなたが『労働者』になるために必要なことはなんでしょうか。

大きなポイントは以下の4つです。

1)常識や固定観念、条件付けを外す =価値観を広げる
2)情熱を見付けること       =価値を見える化する
3)スタンダードを定める      =未来をイメージする
4)フローに沿う          =情熱と才能ベースで行動する、価値提供する

焦る必要はありません。一つ一つクリアしていけば良いのです。

自分道カレッジの提供しているサービスや取り組みと合わせて、詳しく説明していきます。

次のページ →「1)常識や固定観念、条件付けを外すこと」

常識や固定観念、条件付けを外すこと(コラム2)

前回の記事→「自分道カレッジメンバーはなぜ変化をしていくのか?」 1)常識や固定観念、条件付けを外すこと 『生存者』であるあなたはきちんと社会のルールや周りとの協調性を保て...

詳しくはこちら

情熱を見つける(コラム3)

前回の記事はこちら→「常識、固定観念、条件付けを外す」   2)情熱を見付けること 『生存者』の特権は”みんなと一緒にいることができること” 一番...

詳しくはこちら

スタンダードを定める(コラム4)

前回の記事→「情熱を見つける」 3)スタンダードを定める スタンダードとは”基準”のこと。 食事や洋服、贅沢や移動手段、友人、同僚、環境、住居に健康、貯金に仕事に未来...

詳しくはこちら

フローに沿う(コラム5)

前回の記事→「スタンダードを定める」 4)フローに沿う 『生存者』から上の段階に上がるために一番重要なことがこのフローに沿うことです。 上記のステップをクリアすると、今の...

詳しくはこちら

自分道カレッジはあなたの灯台でありたい。(コラム6)

前回の記事→「フローに沿う」 自分道カレッジメンバーはなぜ変化していくのか? 世間には多くの起業スクールや自己啓発を促すセミナーが蔓延しています。 しかし、その多くは一斉...

詳しくはこちら

ご質問やご感想はLINE@から! みやもんが直接返信します。

ご質問やご感想、資料請求、自分道コーチングのご依頼等はLINE@から受付しています。

ー今だけ!ー
友達登録で『プロファイル別強み弱みシート』を無料配信中!