妄想と想像の違い(8月自分道カフェ)

自分道カフェの8月レポートです。

日時:8月20日(日)10:00~12:00
場所:紀尾井ガーデンテラス
参加者:海津さん、木之下さん、小沢さん、林さん、秋山さん、倉藤舞さん、田口さん、宮本

今回は8人という多めの人数の開催でしたが、個人的にはとても充実した時間だったと感じています。様々な価値観を共有しました。

話されたテーマ:

1)妄想と想像の違い
2)自律と自立

3)存在感

今回もいろいろな価値観の変化が私の中でも起きたのですが、その中でも印象に残っているのは最初のテーマである、「妄想と想像の違い」でした。

みなさん、妄想と想像の違いを考えた時にどのようなことが思い浮かぶのでしょうか?

このテーマを持ち込んだのは私だったのですが、そもそも私には”妄想”という概念がなかったんですよね。

知人と話をしている中で、妄想と想像の二つを使い分けているのを聞き、”え? それ妄想なの!?”みたいな印象があったので、みんなの意見を聞いてみたいな、とテーマとして出題させていただいたのがきっかけでした。

そして、実際に話を聞いていくと、面白いなぁっていうくらい”妄想”と”想像”についての捉え方が違ったんですよね。

例えば以下のような違いがありました。

「妄想」

・ニヤニヤする
・どちらかというとポジティブなことかも
・過去のこと
・自由な想いをすること
・現実的ではないこと
・欲求
・主観
・ファンタジー などなど

「想像」

・現実が近いこと
・ポジティブもネガティブもある
・客観的

・イメージ などなど

本当はもっとそれぞれ出ていたんですが、私のノートを見返したらこれらのワードが残っていたので、特に印象深かったことなのだと思います。

妄想:主観的
想像:客観的

これは海津さんが発表してくださったのがきっかけだったのですが、これを聞いた時に、「おー!なるほど」と思ったのが正直な感想でした。
この考え方はなかった。

例えば、自分が未来のことを想像したときに・・・

・・・!

ここまで書いて今思ったのですが、未来のことって私にとっては”想像”になるかもしれないですね。未来のことって僕はあんまり妄想しないかもしれないです。

未来っていう時点で僕は実現できること(=現実的なこと)だと考えてしまうんです。こう考えると私には未来思考な限り、やっぱり妄想は抜けてる気がする・・・。

みなさんどうなんでしょうか。

すみません、話を戻すと
”自分目線で話が進展することは妄想”で”客観的な第三者の目で進行する”
のは想像という考え方は面白いなぁって思いました。

20年後の自分。


”右手に海が見える湘南の海岸沿いを車に乗って颯爽と走って、気持ちがいいなぁ! 最高の気分だ!”


あー、これは主観的なので妄想ですね。

でも、

”湘南のこの海岸沿いを黒のBMWに乗りながら、走っている私。服装はオーダーメイドのスーツで、素敵な笑顔を見せている。”

と考えてみると少し客観的になったので、これは想像(=現実)に近づいていくのではないかと思うんですよね。
黒のBMWに乗っているかどうかなんて、主観だったら絶対わかんないし、服装なんて主観だったら入らないわけだし。素敵な笑顔かどうかなんて第三者じゃないと見えないことですよね。

なんだかこうして妄想から想像に落とし込んでいくのかなぁって思ったんです

私にとって妄想がないのって、全て実現することしか考えてない、もしくは実現するチャンスを感じているからなんですよね。

主観的な視点って実はあんまりなくって、多くのことが客観的な視点を交えて進んでいったりするんですよね。

そして、今回木之下さんも出席されていたので、さらに思ったのが、ディズニーランドの話。

ディズニーランドは”イマジネーションの世界にようこそ!”と謳っているわけだけど、まさしくあそこは「みんなの妄想を想像に、想像を現実に」している場所だからこそ人気があるのだと感じたわけです。

そう考えると妄想→想像→現実ってこの段階を提供するのってすごく大きな価値提供になるのだろうなって思いました。

私は今自分を含めて、いかにして一人一人の価値観やフューチャービジョンを明確になるかを考えたりしています。その中で自由に妄想をすること、そこから想像にシフトしていくこと、それを現実に落とし込んでいくこと。

この3ステップがいかに円滑にできるかにかかっている気がしました。

みなさんも自分の中での妄想をたまには少し客観的な視点も加えてみてはいかがでしょうか? そしたら、妄想は想像になるかも。想像になれば現実に近づいたりするわけです。

そして、案外、妄想だと思っていたことも、想像に変わり現実になるまで時間はかからないのかもしれません。

・妄想:主観的なこと、現実的ではないこと、ファンタジー
・想像:客観的なこと、現実的なこと、イメージ、未来

レポートというよりかはとりとめない文章になってしまいました。
何かのヒントになれば嬉しいです。

そして今回も素敵な写真を林さんに撮っていただきました。
Facebookグループに投稿したのでぜひ見てみてくださいね。

それではまた来月お会いしましょう。

一般社団法人UP 認定トレーナー
ウェルスダイナミクスシニアプラクティショナー
宮本伸男

宮古島を100%楽しむために

こんにちは。むさしです。

 

先日、初めて宮古島に行ってきました。

結論からいうと、「遊びつくした! 楽しかった!」という他ありません。帰ってきた今、軽い宮古ショックです 笑

 

さて、今回は3泊4日だったのですが、100%遊び尽くしたと感じる全行程を公開します。 もし今後宮古島に行く機会があれば、悩んだ時は何かの参考にしていただければと思います。

 

◯1日目(初日)

11:55 羽田出発

15:00 宮古島着

16:00 新城海岸へ。軽くフリスビーとかキャッチボールとか

17:30 宮古そばを食べに平良にある”古謝そば”

18:30 買い出し

20:00 池間島にある”ペンション イリオス”に到着

21:00 イリオス屋上で満点の夜空を見ながら宴会

24:00 就寝

 

◯2日目

7:00 起床。屋上でまったり。

10:00 朝ごはんを食べにすむばり食堂へ。だが、11時開店で諦める。

11:00 池間島にある食堂へ。山盛りゴーヤチャンプルでお腹いっぱい

12:30 砂山ビーチへ。浅瀬で海水浴。

13:30 宮古神社で参拝。

14:00 スナヤマカフェでシェイクを飲む。

15:00 遅れて到着する知人を宮古空港へ迎えに行く。

15:30 来間島の雑貨店へ

16:30 長間浜で景色堪能

17:00 東洋一のビーチ、与那覇前浜で海水浴。

18:00 買い出し

19:00 イリオスへ帰宅。

19:15 屋上で満点の夜空を堪能しながらBBQと宴会

24:00 就寝

 

◯3日目

7:00 起床。屋上でまったり

9:30 出発。伊良部島へ

10:00 伊良部大橋で景色堪能

11:00 下地空港の近くにあるピザ屋Bottaに到着。開店まで渡口の浜へ

11:30 Bottaでピザと景色を堪能

12:45 来間島のPANIPANIへ。ドラゴンマンゴーシェイクを飲む。

14:30 カメシュノーケリングのために博愛ワイワイビーチへ。

15:00 シュノーケリング開始。カメとサンゴ礁を堪能。

17:30 宮古温泉

18:30 夕ご飯を食べに金吾へ

19:30 買い出し

20:30 イリオス到着。屋上で宴会開始。

24:00 就寝

 

◯4日目(最終日)

6:00 起床。屋上でまったり

7:00 タソスの朝食をいただく。

8:30 池間ブロック(フナクスビーチ)でシュノーケリング

12:00 イリオスに戻りシャワーや片付け

13:00 すむばり食堂でお昼ご飯

14:30 宮古空港へ。お土産を買う

15:30 フライト

18:30 羽田空港到着

 

 

このようなプランでした。

今考えるとプランというプランはウミガメ鑑賞ツアー以外はなかったのですが、島自体が小さいのでいろいろなところにいけるし、伊良部島や池間島、来間島などにもそれぞれの違いや特徴、雰囲気などがあって、それはすごく楽しかったです。

 

なんだか自然界のテーマパークに来ているかのようでした。

今度は冬の宮古島にも行ってみたいなぁ、と思ったり。また違う雰囲気を見てみたいですね。

モチベーションとテンションの違い

こんにちは、むさしです。

 

モチベーションとテンションについて勘違いをされている人が多い気がしたので、今日はそのことについて書いていきたいと思います。

 

安心してください。

かくいう私も勘違いをしていた人間のひとりです。

 

それでは、一般的にモチベーションとテンションの違いとは何か見ていきましょう。

 

◯モチベーション

・動機、やる気

・持続的な活動のエネルギー

・価値観やビジョンに準ずるもの

・自分を突き動かす源泉

・自ら見つける必要があるもの

・気分の乗る乗らないに関係なく、前に進みたくなるもの

 

◯テンション

・その瞬間の気分の高揚

・興奮状態

・外的な影響で変化するもの

・簡単に上下するもの

・一時的なもの

 

 

このような違いがあります。

 

たまに私のところに相談がくるのが、

 

「最近テンションがあがらないんですけど、どうしたらいいですか?」

とか

「モチベーションが持続しないんですよね・・・」

 

という話。

まず最初にしないとけいないのは、下がっているのがモチベーションなのかテンションなのかということ。

でも、だいたい上記のような相談で来られる方は大方が”モチベーション”が下がっている場合が多いです。

 

では、モチベーションをどのようにしてあげるのか。

 

それは”自分の価値観と軸を明確にする”必要があります。

難しそうに見えるかもしれませんが、この取り組みが結構大事なんですよね。また、自分がどのような時にモチベーションがあがり、どのような時にモチベーションが下がるのかを明確にしておくことも大事です。

 

この続きはまた今度。

卑屈な人間の生きる道

こんにちは。むさしです。

少し意外な発見があったので、お伝えしていきたいと思います。

 

私と関わったことがある方ならご存知かもしれませんが、私はかなりの”卑屈”な人間です。人の成長を羨むような、人の失敗を陰ながら願うようなそんな人間なわけです。

 

Facebookのキラキラした投稿や誰かの成功談が耳に飛び込んできた日には、表向きはニコニコしていたり平静を装っていますが、内心ムカついたり反骨心がメラメラと沸き上がったりしているわけです。

あんまり言ってないですけど、それが私です。

 

でもね、昨年からいろいろなご縁で(またそこはおいおい話しますね)コーチングやトレーナーみたいなことをやらせていただいて、そこで様々な人の自己実現する瞬間に携わってきたわけです。

 

そこで自分でもびっくりするような感情の変化というか気づきがあったんですよ。

 

それは、”全ての人の不幸や失敗を祈っているわけではない”ということ。

 

この前、私の幼稚園からの幼馴染が兼ねてより夢だった”料理教室を開く”ということを私が主催したイベントでマッチングが起きて、実現したんですよね。

 

そのアップされたFacebookの投稿をみたときまず思ったのが、”羨ましいなぁ”という感覚でした。

 

なんか自分の中での情熱やキラキラしたものがあって、その情熱に忠実になり、真摯に向き合い、自己実現を達成した。そんな彼女が羨ましく思ったんです。多分、自分は置いていかれたくなかった、自分にもそんなものが欲しい、と心の中で思っていたのだと思います。

 

そして、そのあと私は彼女に電話をしたわけです。

「おめでとう! よかったね!!」という言葉をいいたくて。

この言葉を言うまでは私の心情はこんな感じでした。

 

1)本音でおめでとう! 5割

2)うらやましい/妬ましい 3割

3)俺のイベントで実現したんだぞ! 2割

 

ね、卑屈な人間だと思うでしょう 笑

 

でもさ、彼女と電話して声を聞いた時にいろいろな思いが吹っ飛んで、本音のおめでとう、しか出てこなかったんですよ。

卑屈な自分も不幸になれと願う自分もそこには全然いなかった。

あるのは、もっともっと自己実現に協力したい、携わりたいという思いだった。彼女の自己実現で自分の心が満たされた気がしたんですね。

 

そこには、”貢献感”みたいなのが大きかったと思います。

なにもせず、彼女の自己実現話を聞くだけでは卑屈な人間が出てきただけだったと思います。

 

だから、落ち着いて考えてみると、不思議だなぁって思ったわけです。

これは私みたいな卑屈な人間のパターンなので心清らかなみなさまには当てはまらないかもしれませんが、

 

「他人や知り合いの自己実現には卑屈な自分が登場するのに、自分がその自己実現に携われた場合や協力できた場合は最高に嬉しい」

 

こんなことが自分の中で判明したわけですね。

うん、本当に不思議な感覚です。自分がその自己実現に関われただけで、そんな気分になれるなんて。

 

だから、私みたいな卑屈な人間がいるのであれば、そしてそんな卑屈な塊で人の失敗を願ってしまう人間がもしいるのであれば、

 

”誰かの自己実現をサポート”

 

してみてくださいよ。自分がそこにいなかったらこいつ自己実現できなかっただろ、みたいな感覚でもいいですよ。そんな自己重要感を満たす感覚でもなんでもいいから誰かの自己実現をサポートしてみてくださいよ。

 

もしかしたら、あなたはまた違った感覚を味わえるかもしれない。

 

 

自分が好きなことでいい。

自分ができることでいい。

 

そんなことでいいから、誰かの自己実現に自分の好きでサポートしてみてくださいよ。その人が起こした自己実現は自分の喜びと幸せと実績になる。そして、面白いのはその自己実現は連鎖していくんですよね。

 

あなたのやりたいことやしたいこと、情熱はわからないけど。

もしかしたら見つかってないかもしれないけど。

周りの友達や知人が進んでいってしまう姿は少し寂しいと感じることもあるかもしれないけど。

 

それでも、卑屈なあなたはその人の自己実現をサポートしてあげてください。自己実現を手伝ってくれた人の数だけあなたの情熱が見つかった時、困った時に助けてくれます。

 

卑屈な人間の生きる道。

それは意外にも”貢献”することから始まる気がします。

決断できる人間になる

こんにちは、むさしです。

この前の自分道カフェでも提言させていただいたテーマにもなるのですが、そのテーマとは・・・

 

”決断” について。

 

みなさん、「決断」って聞くとどんなイメージを持つんですかね。

そして、みなさんは決断ができる人間ですか?

 

僕はこの前決断をしなくてはいけない場面になったんですよ。

でも、ギリギリまで決断することができない人間になってしまいました。それは色々とお金のメンタルブロックなどもあったかもしれないんですけど、やっぱり決め切れなかったんですよね。

 

仕事終わりに品川のルノアールに入って、最後の最後まで色々と調べたりとか、決めるための努力をしたんですけど、すごくその決めること自体がストレスになっていったりしたんですよね。

 

そして、決め切れずに最終的に私がしたこと・・・

 

”友人に電話をする”

 

え? もっと早く電話しろよ、相談しろよ! って感じですかね? 僕も今となってはそう思います。思いますが、私みたいなタイプは自分で答えを出したいタイプなんですよ。

 

でも、だからこそ気づいたことがあるんですが、人は決断をする時は誰かに背中を押してもらいたい生き物だということ。

 

そして、ここ重要なんですけど、

 

「相談する相手は自分に同意をしてくれる人を無意識に選んでいる」

 

ということ。

 

否定する人、断ってほしい人、やめた方がいいよ、って言ってくれる人。自分の中でGOサインが出ている時って背中を押してくれる人、一緒にGOサインを出してくれる人に電話をしてるんですよね。

 

なんかそんなことに気づいた出来事でした。

 

そして、決断できないランキングっていうのもあって。

第1位ってなんだと思います?

 

 

 

 

”決断することを先延ばしすること”

 

グサリと刺さるその言葉。

じぶんにも思い当たる節がゴロゴロと出てきます。

 

でも、思い返すと決断できないことや決断を先延ばしにすることでよかったことってあまりなくて。

「もう少し待てばよかったのに」とか「もっと落ち着いて考えなさいよ」とかって言われることあるんですけど、そう言ってくる人のだいたいが決断できない人な気がしてならなかった。

 

 

決断を先延ばしにすることって、もしかしたらいろいろな自分の人生の責任からただ逃れたいだけなのかもな。目先の楽を選択しているだけなんだろうな。

 

でもさ、結局じぶんの人生なんだから、最終的には先延ばしにした決断も自分に降りかかってくることになる。しかも、前よりも圧力を増して。

 

もしかしたらだけど、「もっと早く決めとけばよかった」って言葉は「決断を先延ばしにしてよかった」よりもたくさん人生で言っているかもしれない。思っていたかもしれない。

 

うん、やっぱり決断できる人間になりたいですね。

みなさんはどうですか?

 

 

 

成功とは何か? (7月自分道カフェ)

日時:7月16日(日)10:00~12:00
場所:紀尾井坂
参加者:西川、山本、萩村、秋山、宮本

今回も様々なテーマを持ち寄り、価値観の共有をしました。
そして、私の独断と偏見で今回もレポートを書いていきたいと思います。

テーマは以下のとおり。

「成功」
「空気を読む」
「決断」

 

今日は成功について書いてみようと思います。

 

成功というテーマは自分道カフェの中では結構登場するワードなのですが、成功に関する定義をみなさんに聞いた時は面白かったです。

 

たとえば、あなたにとっての成功とはなんですか? と聞くと、2通りの方がいたんですね。

 

1)長期的未来を描いた成功
2)短期的未来を描いた成功

 

なんか面白いなぁと。

長期的な展望を描く方はどちらかというと人生のビジョンやゴール、なりたい姿を思い描いていました。

短期的な未来の方は今年度に行われる試験での合格を描いていました。

なんか普段の2人を知っていると真逆の思考回路なのでこういうところでも別れるのだなぁ、って面白かったです。

みなさんは成功を思い描く時、どちらで描くのでしょうか?
私は断然、長期的な未来思考になります 笑

でも、どちらのタイプにも共通して言えることがあって。

それは、
「失敗する可能性があるから成功した時に成功を感じることができる」
ということでした。

ここからは完全に私の感想になりますが・・・

腰が重い、決断ができない、失敗を恐れる。

そんな言葉は巷に溢れかえってるし、私自身も日常で当てはまる瞬間は恥ずかしいですがたくさんあります。

でも、”成功って動かないと起きないもの”なんですよね。

失敗を恐れて動かないことは簡単で。

その結果、動き出してうまくいかない人を見て「あー、私は動かなくて正解だった」ってその時は思うかもしれないけど。むしろ、その動き出した人を見て失敗を祈っている場合もあるかもしれないけど。

一時的にはいいかもしれないんだけど、なんかわからないけどそれって結局死ぬ瞬間に「あの時動かなかったのは失敗だったな」って思いそうで。

私はその方が怖いんですよね。

もし動き出しておけば、死ぬまでは失敗をリカバリできるじゃないですか。
動き出して失敗ばっかりだったとしても成功へのリカバリができるんですよね。

私は何か決断をしないといけない時には、こんなことを自分に聞きます。

「明日死ぬとしたら私が後悔しない道はなにか?」

なんかこんなことを聞くと、いろいろなものを超越して考えることができる気がします。
まぁ、そのいろいろなものってほとんどはお金なんですけどね。

でも、死ぬ瞬間を想像したら、お金なんていくらあっても仕方ないわけで。
自分にとって本当に大切なものは目に見えるものではないわけで。

だから、長々と書いてしまいましたが私はこう成功をこう結論付けました。

”成功とは後悔しない選択のこと”

自分道カフェ、やっぱり面白いなぁ。

 

なんかその場ではあんまり結論がでることってないんだけど、それにダラダラと話してしまうこともなきにしもあらずなんだけど。

でも、新しい気付きや考えるきっかけをもらえる不思議な場所。
そんな簡単なワードに対する自分の価値観を送受信できる場所。

今回も面白かったです。
ありがとうございました。

むさし

むさしブログを再開するよ

こんにちは。ご無沙汰しております。

むさしです。

 

3年前? に自分でもブログをやっていましたが更新ができなくなってしまい、そのままサーバの更新もできておらず、みなさんからは急に姿を消してしまう結果となりました。

 

まぁ、そんなに期待している人も少なかったと思うし、読者も少なかったと思うので、また心機一転で書いていきたいと思います。

 

このブログで書いていきたいこと。

 

・むさしの日常で感じたこと

 

これに尽きるかもしれません。

自分がいいたいことを言っていきたいと思います。

もっと発信をしていきたいと思います。

 

もっといろいろなことを伝えたいし、発信をしていきたい。

自分の情熱を伝えていきたいと思うので。

 

それでは今後ともよろしくお願いします。

 

むさし